知識豊富な看護師を目指す私はまだまだ看護修行の途中です

女性
30代
OPE室1.5年 透析4年
看護師免許を取得して7年目になります。
総合病院は1.5年で辞職し、今は子育てをしながらクリニックで勤務しています。

憧れは看護師のスペシャリスト

テキパキと仕事をこなし、色んな知識を持った看護師になりたかったです。
看護のことを的確に答える事が出来る看護師に憧れました。

職場は小さな透析科クリニック

スタッフは全員20歳代〜30歳代と若く、新卒から初めて就職したというスタッフが多いです。
スタッフ間の仲は良く、お互いをサポートしながら仕事をしています。

プライベート重視で働き方を変えました

最初は総合病院で1.5年働きましたが、自分の時間が取りにくかったので、プライベートを大事にしたいと思い退職しました。
今のクリニックでは定時で帰れるし、自分の時間を持つことができます。

仕事するにも余裕が必要な私

看護師としてあまり自信がなく、時間に余裕がないと優しくなれないのが難点です。

時間を作って仕事をこなす

仕事に余裕を持つために、時間をしっかり確保するようにしました。
要領よく仕事をして時間を作り、出来る限り患者さんの要望に沿いながら、余裕の無い返答はしない様にしました。
患者さんには分からない事はきちんと分からないと答えています。
透析科に来る患者さんは週に3回会う事が出来るので、先輩や先生に聞いて調べてからきちんとした情報を提供するようにしました。
色んな知識を持った看護師になるのはもう少し先になりそうです。

患者さんより営業時間が大事

外来は時間厳守のため、少しその為に患者さんには時間通りに帰ってもらう場合もあります。
営業時間があるので急変が無い限りは時間通りに仕事は終わります。
なので患者さん第一では無い事もあるということを知りました。

努力で理想に近づこう

理想と現実は大きく違う場合があります。
しかし、その環境で自分自身で理想の看護師になるための努力は出来ると思います。
現実に飲まれることなく、時にはスタッフ間で話し合うなど現状を打開するためには必要かもしれません。